時太郎のブログ

昭和58年生まれの独り言です

仰向け

僕たち私たちは幸せになりたい!

今は幸せなのかな

幸せだから幸せだとは思わないのかな

気付かないのも幸せなのかな

だけども幸せになりたいと思うのだから

つまり僕たち私たちの幸せはその都度形を変えて目の前をちらつくのかな。

欲張りなのかな、


H19

平成19年度宅建試験過去問に挑戦

36/50点でした。

一時間程度。

過去に挑戦した過去問よりも易しかった。

まあ、それでも民法の権利関係を書き出した効果はあったかなあ。

明日あたりに改めて間違えた部分を復習してみます。


f:id:tokitaroublog:20170619220503j:plain

昨晩は以前から気になっていた鳥の唐揚げを主とした飲食店を訪れた。

唐揚げも美味かったしその他の買い物も美味いし店で流れる音楽も良かったし、

その場の会話も楽しかったのでいい気分で二件目のいつものバーに。

そこでも楽しかったが、酔った。

12時すぎた頃には眠くて仕方なくて店を出た。


起きると、今日である。

今日は遠出する気もなかったので、

競馬の予想をして、ネットで馬券を購入して、相模大野まで歩いた。

宅建試験申し込み用紙を取りに。

だが、配布は来月頭だそうで、無駄足だった。そして買った馬券は次々に外れ、沢山の財産が失われたのである。

六月はどうにもならないようだ。

とりあえず明日の競馬に賭けよう。

このままならどうせジリ貧になるのだから。

この男、早寝するにつき

俺は今日、早寝をする。何故なら眠いからだ。とても眠い。

NHKラジオを聴きながら寝る。

きっと五時前に起きるだろう。

そしたら宅建の勉強をするだろう。

朝飯は納豆浅漬けミックスと白飯だろう。そして仕事に行って帰って来てまた寝るのだ。何故私は生きているのだ。何のために生きているのだ。そんなものどうでもいい。理由なんていらない。みつからなくていい。

健康で、ちょくちょく人生を楽しめてるならそれでいいのだ。

ただ、今は眠いのである。

何故眠いのか。それは俺の脳が眠りを、睡眠を欲しているからだろう。

俺は俺の脳を受け入れよう。

おやすみなさい。六月十二日。f:id:tokitaroublog:20170612213735j:plain

金遣いの荒さ

f:id:tokitaroublog:20170611082725j:plain

昨日は東京競馬場で大惨敗した

−25000円

ビール串カツカツカレーなど飲食費で3000円ほど使ったので

競馬で負けたのは22000円

ほとんど当たらなかった。


給料が出て

ローンの返済、飲食、パスモにチャージ、タクシー、競馬、飲食、タクシー、あとタバコを買い、


あー、今月も厳しいことになってしまった。なにやってんだか。

葡萄色の夜

あかんね、想像できちゃうもん

安っぽいわい。安っぽい表現。

安っぽいワインというか、実に安いワインをラッパ飲み。ラッパ吹いた記憶を辿る俺。半裸で部屋に寝転がる午前四時。

そう、失敗した。茄子の天ぷら。

オリジン弁当。ガーリックソース魚フライ。まったく美味しくなかった。

嫌気しかない職場から帰宅後、わしは己から吹き出した血と汗と涙を流すために風呂場でシャワーを浴びたのだよ。

そして上がると同時に洗濯機のスイッチオン。そして冷蔵庫の冷えた安い赤ワインをラッパ飲みしながら、洗濯機の仕事が終わるのを待ち、

そして干し、それから駅までのんびり歩いて行ったのだよ。

xxxxxxx駅前の焼きトン屋や、焼き鳥屋や、大衆居酒屋、フランチャイズ、そんなのを横目にしながら。

わしは気持ち悪かった。

ワインがぶ飲みして歩いたら酒を飲みたい気分じゃなかった。

そんな中、なんとなく表に出てた看板を見て養老の滝に入ったのだ。

そう茄子の天ぷらが食べたくなって。

着席するとわしは日本酒と茄子の天ぷらを注文。

気持ち悪かった。酔っていた、既に。

そしてなにより茄子の天ぷらが、熱かった。とっても熱かった。

熱くて仕方ないからつゆにどっぷり付けたのだよ。


そして、悲しい気持ちになったので、オリジン弁当でチーズ唐揚げとガーリックソース魚フライ弁当を買って駅前のタクシーに乗って帰ったのだよ。

葡萄色の夜の空が茄子色になっていたよ

書き出す

f:id:tokitaroublog:20170606205418j:plain

今日からテキストの要点部分を書き出してみることにした。

やはり書くのは効果的な気がする。

手を動かしているのが脳に影響するのだろう。

目で文字を追って頭の中で処理するだけよりも、記憶するという点で更にもう一つ加えることで記憶が強まるのだろうか。


とりあえずこの方法でテキスト一周して、また過去問をやってみることにする。